読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定期的に思い出しておきたい

去年の日記を読んでいた。去年の、といっても途中から書くのをやめてしまったので8月くらいまでしかない。それでもよく書いた方だと思う。何年も前の自分の文章を読むのはかなりハードだけれど、一年くらいなら全然余裕。むしろ楽しい。こんなことあったね~って思い出すの楽しいね。日記書く人の気持ちようやくわかったかもしれない。この日記はもうすぐ捨てる。その前にいくつか書いて残しておこう。

2月

よしもと笑った。疲れるくらい笑った。幸せ。

新宿のルミネtheよしもとに行った日だ。友達がファンなのでノンスタイルが出演する日に行った。あそこに行くのは二回目だった。一回目は時間ギリギリで、ルミネのエスカレーターを猛ダッシュで駆け上がったのをよく覚えている。この日はエハラマサヒロのネタが超面白かった。ていうかみんな面白くて本当に笑いすぎて幸せになった。たぶん人間幸せすぎると言葉とかどうでもよくなるんだろうなってことがよくわかる日記。また行きたいな。お笑いって大好き。

2月

落語はじめて!!心地よくて眠かったけど独特のおもしろさだった。もっともっと知りたいなって思った。楽しかった。

初めて寄席に行った日だ。確かに眠かった、寝そうだった。でも退屈ってことじゃなくて、うーんむずかしいな。覚えているのはまわりがおじいちゃんおばあちゃんたちの笑い声がふわふわしていてのんびりした空間だったこと。笑わせて!楽しませて!じゃなくで自分から笑いに浸かりに行くようなイメージ。ああ、そうか温泉に入って眠くなるような感覚かも!と思ったけど、前日夜更かしして寝不足だったんだ今思い出した・・・落語あれから全然触れてないや、なぜかたまに録画で取れてる「落語 THE MOVIE」っていう番組を見るくらい。濱田岳くん(と呼びたい)かわいい。

3月

卒業旅行なのにさみしさなかった。と思いきや帰り際ちょっとせつない。悲しい気持ちは口に出すと軽くなってゆくから積極的に「さみしい」と言っておいた。カラオケ、人生で一番楽しかったかもしれない。歌うって行為はいつもさみしい。どんなものでも二度と同じはないんだけど、歌は一回限りってことを強く意識させてくるから悲しいんだ。今の私たちみんなで歌うのはラスト。それが明らかにわかるからちょっとさみしいな。みんな素直で頑張り屋なので、苦しいけど大好きだ。

できるだけ忠実に書いた。さみしさないって書いてるのに、そのあとすぐさみしいさみしい言ってる。さみしかったんだろうね。日記って基本的にセンチメンタルだから面白い。もちろん恥ずかしいけどうっすら愛おしさも感じる。苦しいけど大好きっていうのは本心だと思うな~

3月

鬼怒川温泉。いろんな話した。みんなとはこれからも会うだろうな。みんな優しい。私は優しい人が好きだ。女の子は大抵優しいけど、あの子たちはより一層優しい。

今度は部活のメンバーとの卒業旅行。優しいめっちゃ言ってる。実際そうだもんな~。私は中学生くらいから男子が苦手になった。別にきっかけとなる出来事があったわけじゃないけど、私が傷つくとき原因はいつも男子だな~とふと思ったから。からかわれるのは慣れていたけど男子のしつこさは鬱陶しかったし、男子に好かれると女子に嫌われるのが面倒だった。「女は怖い、陰で悪口言うから」とか言われるけど、私にとっては真正面から傷つけられるよりそっちの方がずいぶん優しかった。もちろん、男子ってひとくくりにするのはちがうと思うけど、女の子といるほうが心穏やかでいられるから好き。かなりいい旅館に泊まって、みんなでわーわー騒いでケーキとか食べて楽しかったな~!

3月

草津温泉。もうあの2人とはずーっと一緒にいてしゃべることすらない。家族みたいだ。あの2人のこと大好きなんだけど、時々フッと孤独を感じる。私は孤独が好きなんだろうな。それはとてもかなしいことだ。

すごい。ダントツで気持ち悪い。いつでも一緒にいる2人との旅行。のんびりしてたなぁ。温泉すごく気持ちよかった。宿泊先のご飯がとてもおいしかった!孤独を感じたらしいが正直覚えていない!書いてる時たまたまテンション低かったんだろう!我ながらめんどくさっ!くさつだけに!!(特大ブーメラン)

だいだいこんなもんか。2月と3月しかイベント系なかった。なんで。日常は日常で面白いけど暗すぎて書けない。もっとハッピーな日記書いて私・・・あとは4月に行ったはじめての握手会のことすごい書いてた。超楽しかったみたい。アイドル関連は長くなりそうだし別に書こうかな。

日記って書いておくとなんだかんだで楽しいから2017年もなるべく書こうっと。まだ一日も書いてないけど。

 

 

2016年は消えていく

2016年ももうすぐおわり。せっかくなので今年好きになったものたちをテキトーに並べてみた。

 

アニメ「おそ松さん

2016年は6つ子とともに明けた。受験生だったのにこいつらにどハマりして、ツイッターやpixivでひたすら画像を漁ってた。ぶぁぁぁか!!!それまでアニメはいわゆる国民的と呼ばれる長寿のやつくらいしか見たことがなかったのだけど、松きっかけで今年はちょいちょい他のアニメも見てた。わいはチョロ松がすち。

 

アニメ「ユーリ!!! on ICE」

ちょいちょい見てたアニメの中のひとつ。なんだけど超好き、、、各国の選手がそれぞれ魅力的、、、スケート界のことは全然知らないのでどこまでリアルに近いのかわからないけれど、こういう愛が本当に存在しているのならとても素敵な世界だ。確か友だちが好きだったので来年はスケートの世界を学ぶのも面白そう。ちなみにロシアンヤンキー妖精ユーラチカことユーリ・プリセツキーがだいっすきでっす!

 

映画「ファンタスティック・ビースト」

正直、すごく正直に言うと今年これと「シン・ゴジラ」しか見てない。ゴジラは見たあといろんな人の考察ブログ読むのが楽しかった。ゴジラ怖かった。高橋一生の濁った目にめっちゃときめいた。「君の名は。」も見てない。けど来年たぶん見る。ファンタビはとにかく主人公ニュートが可愛い。かわいいよニュートかわいいよ〜!って映画館で叫びたい気持ちを抑えるのが大変だったよ…あと個人的にはニュートの服装や持ち物やシルエットがたまらない。何度でも言おう。かわいい。

 

漫画「A子さんの恋人」

これは本当に本当に本当に面白いのでみんなに読んでほしい。出てくる登場人物が全員いじわるで性格悪くて、だらしなかったりずる賢かったり…でも私は人間のそういうところが好きだな〜と思ってしまう。だめだめなところ分かるな〜って思うしみんなでみんなのだめなとこ抱きしめ合いたいよ!いえあ!絶対、自分含めこういうやついるわ〜ってなるから楽しいよ。うん。

 

アイドル「欅坂46

正直、好きという気持ちだけを抱いているわけじゃなかった。私はもともと乃木坂46というグループが大好きでずっと応援していたから、欅坂46ができると発表された時は(当時はグループ名が鳥居坂だった)あーあ、乃木坂だけでいいのになんで増やすんだろって思ってた。オーディションが終わってメンバーがお披露目されても全然ピンとこなくて、はっきり言って興味がなかった。そのうちに「欅って書けない?」という番組がはじまった。「乃木坂工事中」という乃木坂46の番組のあとに放送していたので、ついでに見ることもあったけどやっぱり興味は沸かなかった。それどころか欅坂を見る度にやっぱ乃木坂だな!という気持ちは増していった。 

そんな状態の中、2016年欅坂46は「サイレントマジョリティー」でデビューした。睨まれている、と思った。「お前は私たちの何を知っている?」と責められているようだった。軍服のような衣装で歌い踊り「君は君らしく生きていく自由があるんだ」と訴えかける少女たち。何も言えなかった。私は欅軍に全面降伏するより他になかった、、、

と素直に進めば良かったにも関わらず、実際の私はこの間の初ワンマンライブまで謎の意地により(こういう頑固なところアカン)欅坂に抗うことをやめられず、なんか本当に今思えば無駄な時間を過ごした!ばか!ライブに連れてってくれた友だちにはまじで感謝しかない。ありがとう友よ。というわけでようやく素直に欅坂46好き!と言えるようになったので、欅坂の大好きな曲紹介いくぜーい!フー!!(突然)

渋谷川

メンバーの今泉唯佑ちゃんと小林由依ちゃんによるユニット、ゆいちゃんずの曲。心地よいメロディに切ない歌詞がしみるよ〜二人の歌が追いかけっこみたいになるの(?)すごい好き。自分で歌うのもすごい気持ち良い。なによりこの歌を歌ってるときの二人の表情めっかわいい。今泉ちゃんは表情がいちいち愛おしい。

「手をつないで帰ろうか」

ハッピーハッピーハッピー。これは踊ってるところを見たあとに聴くと、本当にハッピー麻薬ソングになる。てちもん(平手友梨奈ちゃんと鈴本美愉ちゃん)が真ん中で指をくるくるまわす振りが素晴らしい。伝われ。てちもんがすきだ。

「ひらがなけやき」

長濱ねるちゃんを中心とした立ち位置のよくわからない組織、ひらがなけやきの初めてのオリジナルソング。私はこのひらがなけやきをとても応援している。結局欅坂とはちがうの?一緒なの?という疑問はこの間のワンマンライブで初披露された「W-KEYAKIZAKAの詩」の歌詞の「坂組」という言葉でとりあえず落ち着いた。落ち着いたのか?よくわかんないけどもう考えるのやめちゃった☆☆☆

とにかくこの曲は泣ける。曲からやさしさが溢れ出している。ひらがなけやきに思いを馳せながら聴くとより一層泣ける。というより号泣不回避。

 

もうなんか他にも強すぎる曲ばかりで、ていうか全部大好きだわってなって終わりが見えなくなったのでやめよう。「キミガイナイ」や「語るなら未来を」や「大人は信じてくれない」や「僕たちの戦争」も超超超〜〜〜好き〜〜〜!!!あと「青空が違う」は圧倒的なアイドルソングでかわいい〜!!!最高かよ〜〜〜!!!(雑)

 

そして絶対シングル表題3曲は外せない。

最新シングル「二人セゾン」は曲も振りもMVもすべてが完璧。「生きるとは変わること」という歌詞にどれほど救われただろう。とりあえず全人類よ、MVを見てください。

セカンドシングル「世界には愛しかない」はライブで見ると幸せすぎて涙出るから覚悟しといたほうがいい。秋元康の本気を感じる歌詞に、疾走感あふれるメロディに、きらきらしたアイドルの笑顔。眩しい。もう一回言っとく、幸せすぎて涙でるぞ。

そして、絶対に外せないデビュー曲「サイレントマジョリティー」この曲からすべてがはじまったのだから。私はこの曲を聴くとおかしくなってしまう。愛情、憎悪、憧憬、嫉妬。自分の中にあるかぞえ切れないほどの感情がかき乱されて、最後にはただただ感動だけが残る。何度見ても何度聴いても私を震わせてくれるありえない曲だ。

欅坂46 『二人セゾン』 - YouTube

欅坂46 『世界には愛しかない』 - YouTube

欅坂46 『サイレントマジョリティー』 - YouTube

いや〜長くなった。欅ちゃん大好きかよ私。もちろん乃木坂ちゃんのことは今年も大好きでした。来年もね。

あとはNMB48も好きなのだけど、今年は最強アイドル渡辺美優紀さんが卒業したりなんだかんだいろいろあったなあ…

アイドルを応援していると時々どうしようもなく辛い現実が押し寄せてくるけれど、その何百倍もの喜びをいただいているので、感謝の気持ちを忘れずに来年も楽しくオタクしていこう。目指せハッピーオタク。

 

なんかもっといろんなものにときめいた気がするのだけど、意外と思い出せないので、2017年は定期的にこうやって記録していくぞ。永遠にさよなら、ありがとう2016年。限られた時間だけど、なるべく仲良くなろうね2017年。楽しみに待ってるよ。